介護ヘルパーに来てもらうことを考えた家づくりを紹介します

介護ヘルパーに来てもらうための家づくり

介護ヘルパーに来てもらうための家づくり

昔の2世代、3世代同居が普通の時代であれば、家族の誰かが面倒を見ることもできましたし、今より高齢者数の割合が低い時代は施設に入所する事も難しくはありませんでした。ですが今は高齢化社会でもあり、核家族化が進んだ日本では、どうしても他の人の手を借りて介護をする必要が出てきました。介護ヘルパーが通う家というのは、普通のこととして考えなければいけません。


では、介護ヘルパーにきてもらうための家ってどんな形が望ましいのでしょうか?要介護者の介護支援の目的は、介護が必要な人の世話をするという目的よりも、可能な限りの自立を支援するというものです。ですから、在宅介護を考えた場合、「寝たきりになったときに世話がしやすい家」よりも、「寝たきりにならないように工夫された家」であることが大事になってきます。


そして、介護ヘルパーという「他人」がやってくる訳ですから、介護ヘルパーにとっても、介護される人にとっても、家族にとっても使いやすい家ということになります。そしてなおかつ、三者にとって精神的負担の少ない造りが理想といえるでしょう。このサイトでは、この条件を満たすために、どんな家が理想的なのかを紹介して行きたいと思います。いつか必ずやってくる在宅介護、そのための家作りの準備を始めてみましょう。


介護ヘルパーに来てもらうための家づくり

在宅介護を近未来で考えた時から

今住みやすく、在宅介護をになった場合も使いやすい家

介護ヘルパーを利用してから考える家づくり

介護ヘルパーを利用してから要介護者に向いた家を作っていく

在宅介護を近未来で考えた時から
介護ヘルパー、つまり他人が家に来る家づくり
プライベートルームの作り方がポイント
居間を通らないで、介護者の部屋に直通の廊下を
散歩などに同行してもらうなら、玄関までバリアフリーに
室内で車いすが可能にすることも
生活の場と全く切り離した動線に
手すりなど、家づくりの時につけておく
介護ヘルパーを利用してから考える家づくり
専門機関に、バリアフリー住宅について教えてもらう
貸し出しOKの車椅子や、介護用品について
食事を作ってもらうなら、キッチンもひと工夫
入浴介助をしてもらうならお風呂も考慮したものを
シャンプードレッサーは何かと便利
家で運動やリハリビができるように廊下に歩行バーを
玄関ドア以外はすべて引き戸にしてもいい